低体温症とその症状とは

運動不足などになると筋肉の量が減り、熱に変える力が不足して代謝が悪くなってしまいます。 代謝が悪くなると体を冷やすことにつながり低体温症を引き起こすことがあります。 低体温症とは平熱の温度が極端に低いことで、平均して35度から36度程度の人を低体温症を言います。 症状は冷え性と似ているのですが、冷え性のように体が冷えていると感じることが少なく知らない間に健康を害していることがあります。

低体温症が引き起こしてしまう病気にはホルモンのバランスや自律神経のバランスを壊してしまうことで婦人系の病気、副腎や甲状腺の機能が低下してしまうことで免疫力が低下し、 アレルギー症状や風邪をひきやすくなったり、喘息や鼻炎、花粉症などの病気を引き起こしてしまうことがあります。

低体温症は体の熱のバランスが取れにくい体になっていますから、日ごろから軽い運動で体を動かしたり、 入浴をシャワーのみですませず湯船に使って体を温めるなど血行を良くして体温を上げるように工夫することが大切です。

低体温症の方が朝に気をつけること

人間の体温の標準値としては36.5〜37度程度となっており、平常時の体温がそれ以下になってくると生命活動に支障をきたすことがあります。 また、直腸の温度が35度以下になった場合には、正常な生体活動を実施していくために必要な酵素が十分な効果を発揮しなくなるので、 各組織が異常状態になります。

このような症状の総称を低体温症といいます。また、低体温症によって最悪の場合には絶命します。そのような場合には凍死となります。 また33度を下回った場合には、脳内の意識レベルも低下して、心室細動が発生します。 また、低体温症の患者は朝起きることにも支障をきたします。通常は朝起きる時に交感神経が適度に刺激され活性化してくれるので、 無理なく目覚めることができますが、低体温症の場合には、交感神経が活性化するまでに異常に時間がかかってしまうので、目覚めが悪くなります。

また、体温が低いことによって目覚めた時の体温がかなり低くなっており、筋肉が十分に動くことができないので、無理な運動をするとめまいや吐き気などの症状が出ます。

低体温症とその症状とは

運動不足などになると筋肉の量が減り、熱に変える力が不足して代謝が悪くなってしまいます。 代謝が悪くなると体を冷やすことにつながり低体温症を引き起こすことがあります。 低体温症とは平熱の温度が極端に低いことで、平均して35度から36度程度の人を低体温症を言います。 症状は冷え性と似ているのですが、冷え性のように体が冷えていると感じることが少なく知らない間に健康を害していることがあります。

低体温症が引き起こしてしまう病気にはホルモンのバランスや自律神経のバランスを壊してしまうことで婦人系の病気、副腎や甲状腺の機能が低下してしまうことで免疫力が低下し、 アレルギー症状や風邪をひきやすくなったり、喘息や鼻炎、花粉症などの病気を引き起こしてしまうことがあります。

低体温症は体の熱のバランスが取れにくい体になっていますから、日ごろから軽い運動で体を動かしたり、 入浴をシャワーのみですませず湯船に使って体を温めるなど血行を良くして体温を上げるように工夫することが大切です。